ホーム > 会社情報 > コーポレート・ガバナンス及び内部統制システム

会社情報

コーポレート・ガバナンス及び内部統制システム

当社のコーポレート・ガバナンスの体制の概要は次の通りです。なお、詳しくは東京証券取引所に提出している「コーポレート・ガバナンス報告書」をご覧ください。

コーポレート・ガバナンス

基本的な考え方

キッツは、創造的かつ質の高い商品・サービスの提供により持続的に企業価値の向上を図ることを企業理念に掲げ、社会的に責任ある企業として、株主の皆様をはじめ、全てのステークホルダーに配慮した経営の実現に努めることとしています。

また、迅速かつ効率が良く、健全で透明性の高い経営の実現とコンプライアンスの強化を図るため、さまざまな施策を講じ、コーポレート・ガバナンスの充実を図ることとしています。

取締役会・取締役

取締役会は、株主に対する受託者としての責任を踏まえ、キッツグループの持続的成長と中長期的な企業価値の向上を目指し、経営方針、中長期経営計画及び各年度の事業計画等を含む経営上の重要事項の審議・決定と業務執行の監督を行うとともに、グループ全体の内部統制システムの構築の責務を担っています。

また、取締役会は業務執行取締役3名と社外取締役3名の計6名で構成されており、原則として毎月開催し、取締役会規程に定められた付議事項についての審議・決議を行う他、経営上の重要な諸課題について闊達な議論を行っています。なお、取締役の任期は、意思決定の迅速化と業務執行責任の明確化を図るため1年としています。

社外取締役は、企業経営に関する豊富な経験と幅広い見識を有し、取締役会の経営判断や意思決定に加わる他、当社の経営判断に対する適切な助言及び業務執行の監督の役割を果たしています。

なお、取締役会は、毎年、取締役及び監査役を対象とする取締役会の実効性に関するアンケート調査を実施しており、当該調査結果を踏まえ、取締役会の実効性向上のための課題について建設的な議論を行っています。

監査役会・監査役

監査役会は、法令、定款及び諸規程などに基づき、監査役会が策定した監査役監査基準及び監査計画等に従い、取締役の意思決定の過程や職務執行状況の監査を行う他、四半期ごとに会計監査人から会計監査の結果について報告を受けています。また、内部監査、会計監査及び監査役監査の三つの監査の連携を図るため、外部会計監査人、監査役及び内部監査室は「三様監査会合」を定期的に開催し、各監査機関の報告及び意見交換を行うなど、頻繁かつ直接的な連携がとれる体制としています。さらに、外部会計監査人、監査役及び内部監査室に独立社外取締役を加えた四者で構成する「四様監査・監督会合」を設け、これを定期的に開催し、連携の確保を図っています。

また、監査役は取締役会に出席し、取締役会の意思決定の状況及び各取締役の監督義務の履行状況を監視・検証している他、重要な会議への出席や事業所・子会社の往査に加え、取締役、執行役員及び従業員などからの情報聴取などを通じて、取締役の業務執行について監査しています。

監査役会は、現在、常勤監査役2名と社外監査役2名の計4名で構成しており、原則として毎月開催しています。

社外監査役は、企業経営に関する豊富な経験と幅広い見識を有しており、中立的・客観的な視点から監査を行うことにより、経営の健全性を高めています。なお、財務・会計に高度な専門知識を有する監査役を1名以上選任することとしています。

また、監査役会は、監査役の業務をサポートするため、監査役室を設置し、専任のスタッフが監査役の指示により情報収集や調査などを行う他、会計監査人及び内部監査室との連携を図っています。

経営会議・執行役員

キッツは、執行役員(業務執行取締役を含む)で構成する経営会議を原則として毎月開催し、経営上の重要事項について、戦略的かつ多面的な検討を経て方針決定を行っています。また、キッツは、取締役会が経営方針・経営計画などの経営全般に係る重要事項についての議論をより集中して行えるよう、取締役会への付議事項の基準を見直し、執行役員への権限移譲を進めています。

取締役・監査役及び執行役員の指名

取締役候補者、監査役候補者及び執行役員の指名は、過半数を社外取締役で構成する「指名委員会」(取締役会の諮問機関)において、人格、能力・見識・経験・専門性・実績、公正性及び年齢など多角的な観点から候補者を選定し、その答申を踏まえ、取締役会にて決定しています。なお、監査役候補者については、監査役会の同意を得ています。

社外役員の独立性

取締役会は、「社外役員の独立性判断に関する基準」を定めており、キッツの社外取締役及び社外監査役の全員がその基準を満たしています。また、全員が東京証券取引所が定める独立性判断基準を満たしており、東京証券取引所に独立役員の届け出を行っています。

» 独立役員届出書(2017年6月12日)[PDF 218KB]

» 社外役員の独立性の判断に関する基準(2016年9月14日)[PDF 147KB]

取締役・執行役員の報酬

キッツは、取締役(社外取締役を除く)及び執行役員の報酬について、業績連動型株式報酬制度を導入しています。本制度における取締役及び執行役員の報酬は、従来の月額報酬と賞与の一部を業績連動に応じて当社株式を交付する、いわゆる「株式報酬」とするもので、取締役及び執行役員の報酬とキッツの株式価値との連動性をより明確にし、中長期的な業績向上と企業価値増大への貢献意識を高めることを目的としています。なお、賞与は、内規に基づく一定の条件を満たし、適正な利益確保が行われた場合に支給するものとし、その原資は、親会社株主に帰属する当期純利益の1%を目途としています。また、過半数を社外取締役で構成する「報酬委員会」(代表取締役の諮問機関)を設置し、報酬方針及びその内容についての審議を行い、必要に応じて代表取締役に答申しています。

» コーポレート・ガバナンス報告書(2017年6月28日)[PDF 159KB]

コーポレート・ガバナンスへの取り組み

*上記画像をクリックすると拡大表示します。

内部統制システム

基本的な考え方

キッツは、適切な内部統制システムを構築することは、株主の皆様をはじめとする全てのステークホルダーの期待や信頼に応えるための基本条件であって、取締役会の重要な責務であると考えており、取締役会が定めた内部統制システム構築の基本方針に基づき、グループが一体となって内部統制システムの整備・運用に取り組んでいます。

内部統制の整備・運用

キッツは、金融商品取引法に基づき、財務状況をはじめとする経営内容の透明性を高めるため、キッツ及びグループ会社において、各部門による内部統制の自己点検を行うとともに、内部統制構築の状況について内部監査を実施し、内部統制の整備・運用の定着を図っています。

» 内部統制の基本方針(2015年6月11日)[PDF 234KB]

© KITZ Corporation