地球環境との共存を目指して

創業時よりリサイクルに取り組んできたノウハウを活かし、製造工程から発生する資源を有効活用しています。

省資源への考え方

 キッツグループでは、環境行動指針に「資源の有効活用」を掲げ、各事業所で使われる資源の徹底したムダの排除と再利用を図り、限りある資源を有効に活用することに努めています。

省資源の現状

 バルブ部品の鋳造工程で使われる鋳物砂は、砂処理工程で再生処理され、再利用されています。砂処理工程ではできる限り再利用を図るため、塊を砕いたり、ふるいで分別するなど、鋳物砂を有効に用いています。

具体例:鋳鉄製バルブの省資源化の流れ鋳鉄製バルブの省資源化の流れ

水資源の循環システムの推進

 キッツグループでは、製造工程で使用する工業用水は、地下水を利用しています。溶解炉の冷却や洗浄・検査工程などで多く使われる地下水は水の循環システムによりタンクに戻され、再利用されています。

省資源の具体的な取り組み

 中国から調達する部品類の梱包材の多くには木材が使用されています。木材は輸送後、廃棄物として処理されるため、梱包材を見直し、再利用が可能なパレテーナ(メッシュボックスパレット)に部品を入れ、輸送するように変更しました。
 また、効率的な輸送方法を取り入れ、荷物をキッツ専用コンテナで一括輸送し、CO2の削減に努めています。
 さらに各ベンダーが混載便で出荷していた荷物は、キッツ専用コンテナにまとめて輸送するように変更して輸送回数を減らすことにより、CO2の排出の低減にも努めています。

鋳物砂再生装置による廃砂の再利用
 長坂工場のステンレス鋳物工程で使われる鋳型用の鋳物砂は、高温溶湯にも耐えられるように硅砂とクロマイトサンドを混合して使用しています。鋳造工程から廃棄される鉱さいの中にはこの鋳物砂も排出し、産業廃棄物として処分されています。この廃砂を削減するため、2010年4月より稼動を開始しました。
 その結果、再生砂を工程へ戻すことにより、新砂の投入量を抑え資源の有効活用に努めています。

砂再生処理フロー