地球環境との共存を目指して

地球温暖化防止のために、バルブの全製造工程で、省エネルギーに取り組んでいます。

温暖化防止/省エネルギーの考え方

 バルブの製造工程では、電力や燃料といったエネルギーを大量に消費している点を踏まえ、キッツグループでは、省エネ活動やあらゆるムダを省く活動を展開し、温室効果ガス排出量の削減に取り組んでいます。
 徹底した見える化を行って現状把握を実施し、生産工程や発生源にまで落とし込んだ改善活動を進めています。生産性の向上や不良率の低減はもちろんのこと、省エネ機器の導入や社員への啓蒙活動を計画的に進めています。

エネルギー使用の現状

 キッツおよび製造グループ各社では、従来より歩留まり向上や、高効率機器への入れ替えなどによる省エネ活動を推進しております。

(※)キッツ及び国内グループ会社

エネルギー消費量の推移CO2排出量の推移エネルギー別CO2排出量割合エネルギー別CO2排出量

今後の課題

 CO2以外の温室効果ガス(非エネルギー起源CO2)の排出量については、温室効果ガスの種類ごと、活動の区分ごとに集計を2010年度より開始しました。報告の基準となる3,000t-CO2を超える事業所は該当がありませんが、今後も継続して集計し、実績管理を行っていきます。