ホーム > IR情報 > 個人投資家の皆様へ

IR情報

個人投資家の皆様へ

キッツグループの概要をご紹介するページです。当社の強み、業績、今後の戦略などについてダイジェストで掲載しています。

グラフ

キッツのあゆみと会社概要

キッツのあゆみ

写真
創業者 北澤利男
1951年、北澤製作所としてバルブの製造・販売を開始

キッツは、1951年に株式会社北澤製作所として山梨県長坂町においてバルブの製造・販売を開始しました。創業者で初代社長の北澤利男は、「常により良い品を、より安く、早く」を経営のモットーとして、1960年に欧米の自動加工機や造型機を導入し、最新鋭機を配備した生産体制を確立しました。

戦後の混乱期から高度成長時代にかけて、住宅・ビル設備分野において青銅・黄銅製バルブが多く使われましたが、これら商品は「高品質、短納期」のブランドとしてお客様から高い評価をいただき、高収益企業へと成長してきました。

北澤社長時代に社名を株式会社北澤バルブ(後に、北沢バルブ)に変更、また、1984年には東証一部上場を果たしました。

工業用バルブの製造・販売に注力、商品ラインナップを拡大

1985年に2代目社長に就任した清水雄輔は、「世の中のすばやい変化に対しお客様第一主義のもと、チャレンジ精神をもって積極果敢に実践していく」をキーワードに経営を推進しました。

住宅・ビル設備分野の他に、石油精製・石油化学プラントのプロセスライン等で使用される工業用バルブの製造・販売にも力を注ぎ、商品ラインナップを拡大、バルブの総合メーカーに発展しました。また、国内外での企業買収(M&A)による事業の拡大にも注力しました。

株式会社キッツへの社名の変更と、本社の幕張新都心(千葉市)への移転は、清水社長の時代に行いました。

選択と集中により過去最高益を達成

21世紀に入り、建設不況、金融不況が続きデフレ経済が進行する中、2001年に3代目社長に就任した小林公雄は、「企業価値の最大化」をミッションに掲げ、「選択と集中」「キャッシュ・フロー経営」をコンセプトに経営を推進しました。不採算事業の再構築と不振事業からの撤退等により収益の改善を図り、2007年度には連結売上高 1,492億円、連結営業利益116億円の過去最高の業績を達成しました。

長期経営計画「KITZ Global Vision 2020」の達成に向けて

2008年、堀田康之が4代目社長に就任したのと同時期に、リーマンショックによる金融危機が発生しました。その後、欧州の金融・財政問題や歴史的な円高、東日本大震災の発生など厳しい事業環境が続きました。

その中で、国内においては三吉バルブや京都ブラスの工場閉鎖、東洋バルヴの生産部門のキッツへの吸収分割を実施しました。海外においては、グローバル生産体制の整備を進め、2009年12月にドイツのPerrin GmbHを買収するなど経営基盤の強化を進めました。

2010年5月には、2020年度を最終年度とする長期経営計画「KITZ Global Vision 2020」を策定(2016年5月見直し)、真のグローバル企業への進化に向けてキッツグループ一丸となって邁進しています。

会社概要(2017年3月31日現在)

商号 株式会社キッツ
本社所在地 〒261-8577 千葉県千葉市美浜区中瀬一丁目10番1 TEL:(043)299-0111(大代表)
設立 1951(昭和26)年1月26日
資本金 21,207,084,670円
代表者 代表取締役社長 堀田 康之
決算期 3月
上場証券取引所 東京証券取引所市場第一部(証券コード:6498)
従業員数 連結:4,597人 単体:1,258人
事業内容 バルブ及びその他の流体制御用機器並びにその付属品の製造・販売
売上高 連結:114,101百万円 単体:61,933百万円
連結子会社数 33社

» 詳しくは「キッツグループのあゆみ」をご覧ください

バルブの役割とキッツの強み

バルブの役割と用途

バルブ写真

バルブは、配管内の流体(水・空気・石油・ガスなど)を流したり、止めたり、流量をコントロールする機能を持つ「流体制御機器」の総称です。

バルブの起源は、紀元前1000年頃の古代エジプト遺跡から発掘された、木製のコックまでさかのぼることができます。1800年代半ばに紡績用ボイラーが輸入された頃、日本で金属製のバルブが初めて使われました。明治になり、水道事業や都市ガス事業がスタートしたことに伴い、日本でバルブの製造が始まりました。

今日では、上下水道、給湯、ガス、空調など、私達の身近な生活フィールドから、石油、化学、医薬品、食品など、あらゆる産業分野の生産プロセスに至るさまざまなパイプに接続され、重要な役割を担っています。私達は日常生活の中でその存在を意識することはあまりありませんが、バルブは人々の暮らしを陰からしっかりと支えています。

キッツブランドの特徴と強み

1. 高品質なブランド「KITZ」を国内外で確立

キッツは、原材料を調達後、鋳造から加工、組立、検査、梱包、出荷にいたる全ての工程を社内で行う一貫生産体制を基本にモノづくりを行っています。また、品質マネジメントシステム規格の重要性に注目し、日本で最初に国際品質保証規格ISO9001の認証を取得しています。「KITZ」ブランドは、これらの品質体制に裏付けされた信頼のブランドとしての地位を確立してきました。

2. アジアにおいてバルブ業界最大手

キッツグループは、バルブ専業メーカーとしてはアジア最大です。日本はもとよりアジア、米州、欧州などに商品を販売しています。

3. バルブの総合メーカーとして幅広い分野に商品を提供

キッツグループは、私達の生活フィールドから産業分野まで、国内外に幅広くさまざまな種類の商品を提供しています。その種類は9万点以上になります。特に住宅・ビル設備等の建築設備分野に使用される青銅・黄銅製バルブと、機械装置やプラントのプロセスラインなどに使用されるステンレス鋼製バルブは、国内で高いシェアを持つ主力商品です。

4. 最適地生産体制を構築

国内6カ所、海外15カ所(タイ、台湾、中国、韓国、インド、スペイン、ドイツ、ブラジル)に生産拠点を持ち、最適地生産を目指した生産ネットワークを構築。世界の競合メーカーに勝てるグローバルコストを実現していきます。

キッツグループの業績

過去3ヵ年の業績(連結)

過去3ヵ年の業績(セグメント別)

» 過去10年間の主な指標については「収益動向を知る」をご覧ください

これからのキッツグループ

長期経営計画「KITZ Global Vision 2020」(2016年5月見直し)

2020年度の目標数値(連結)

  • 売上高 1,350億円
  • 営業利益 125億円

» 詳しくは「長期経営計画」をご覧ください

第3期中期経営計画(2016年度〜2018年度)(2016年5月策定)

第3期中期経営計画(連結)
(単位:百万円)
  2016年度 2017年度 2018年度
第3期中期経営計画
(2016年5月公表)
実績 第3期中期経営計画
(2016年5月公表)
経営計画
(2017年5月公表)
第3期中期経営計画
(2016年5月公表)
売上高 111,500 114,101 115,000 117,000 120,000
営業利益 8,000 8,929 9,000 10,000 10,000
経常利益 7,700 8,799 8,700 9,700 9,700
親会社株主に
帰属する
当期純利益
5,000 5,400 5,700 6,300 6,300

» 詳しくは「中期経営計画」をご覧ください

配当金と株主優待

写真

配当金について

キッツは、株主の皆様への利益還元を経営上の重要課題として認識しております。株主の皆様のご期待に沿えるよう努力してまいります。

» 詳しくは「株主還元を知る」をご覧ください

株主優待について

キッツグループの商品・サービスより、家庭用浄水器、ホテル等の各種優待と、社会貢献活動の一環としてキッツグループがその活動を支援している北澤美術館の招待券等をご用意しています。なお、優待の対象は、1,000株以上の株式をご所有の株主様となります。

» 詳しくは「株主優待」をご覧ください

© KITZ Corporation