1965年2月 長坂工場に新鋭自動造型機や低周波電気炉を採用し、飛躍的な量産化を実現した青銅鋳造工場が完成、操業を開始。

設備の増設が続き、1970年11月には工作部門に新鋭複合加工機9台が導入され、ほぼ今日の量産基盤ができ上がった。

青銅鋳造工場完成(1965年)