1985年1月 アルミ製バタフライバルブの製造・販売を開始。

キッツで初めてボディ素材にアルミダイキャストを採用した。軽くて作業性抜群のバタフライバルブで、建築設備用バルブの決定版といえる商品となった。