1990年6月 家庭用浄水器「オアシックス」を開発、本格的に販売を開始。

流体制御技術の一つとして開発を進めてきた中空糸フィルターを使った家庭用浄水器「オアシックス」を開発、家庭用浄水器市場に本格的に進出した。

オアシックスは、流しの下に取り付けるアンダーシンク型で、水道管から直接取水できる浄水装置である。従来の蛇口取り付け型の浄水器では約1,000リットルで浄化能力が低下していたが、オアシックスなら約1万リットルまで同一水準の浄化能力があり、高性能の自信作となった。