1991年4月 長野県、山梨県でテレビコマーシャル「全開人間」編を放映。

当社の工場周辺地域の方々に対し、企業イメージの向上を目指して放映した。コマーシャルの内容は、バタフライのダイナミックな水泳シーンをクローズアップし、力強く躍進するキッツグループの企業イメージと重ね合わせたもの。登場するスイマーは、元オリンピック強化選手。

「夢・希望・可能性。新しい世紀にフルスロットルだ。全開人間、よし。キッツ北沢バルブ」
「君は夢、君は希望、君は創造。全開人間、よし。新しい世紀にクリエイトするキッツ北沢バルブ」

「全開人間」編