1992年6月 キッツレーシングチームwithSARDを結成し、ル・マンに出場。

世界的企業としての企業イメージと一般社会への知名度アップを図るため、ル・マン24時間レースに参戦するチームのメインスポンサーとなった。チーム名は「キッツレーシングチームwithSARD」。TOYOTAチームのSARDとジョイントして結成した。

ル・マン24時間レースでは、初出場、9位で完走。続く7月には、富士スピードウェイに出場した。その後、9月にはJSPC(全日本スポーツプロトタイプカーレース)SUGO500kmと、富士1,000kmレースで3位入賞の成績をおさめた。