1994年6月 メキシコ・レイノサに生産拠点としてKITZ Corporation of Mexico, S.A. DE C.V.を設立。

メキシコに鋳鋼製バルブの生産子会社KITZ Corporation of Mexico, S.A. DE C.V.を設立した。

鋳鋼製バルブはアメリカを中心とした北米市場をターゲットにしているため、NAFTA(北米自由貿易協定)によってアメリカ、カナダと経済統合をしているメキシコに生産工場を持つことは、この域内で自由に販売できるというメリットがあった。