1998年3月 「高齢者雇用制度」をスタート。

高齢化社会に向けて「高齢者雇用制度」を導入した。個人と会社のニーズをできるだけ取り入れた形で、「シルバー制度」と「シニアスペシャリスト制度」の二制度を策定した。