1998年4月 中期経営計画の一環として事業部制を導入。

20年前より職能別組織を採用してきたが、バルブ市場は昔に比べて範囲が広がり、競争環境も大きく変わってきた。また、汎用弁と工業弁とでは、開発・販売・生産の方法が異なり、こうした波長の違うビジネスを行うには、職能別組織は適さなくなってきた。

このような市場と事業の変化に対応し、事業領域を6つに分け、事業部制を導入することとなった。

事業部

汎用弁事業本部、工業弁事業本部、海外事業部、伸銅品事業部、MF事業チーム、システム商品事業チーム