1998年9月 「セカンドキャリア選択制度」を導入。

「セカンドキャリア選択制度」とは、社員が56歳から60歳までの間、有意義で充実した生活を送るために、自分のライフプランを4つのコースから選択できる制度。