ホーム > 会社情報 > キッツグループのあゆみ-2000年代

会社情報

キッツグループのあゆみ-2000年代

このページの内容は当時のものです。会社名や商品名等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

ダイジェスト 1950's 1960's 1970's 1980's 1990's
2000's 2010's 2020's      
2000年 1月 伊那工場及び台湾北澤股份有限公司(台湾)が「ISO14001」の認証を取得。
  2月 知的分散型制御システム「LONWORKS」を発表。
  5月 清水雄輔社長が社団法人日本バルブ工業会会長に就任。
  5月 即納・納期確約システム「キッツ・オプション・エクスプレス」をスタート。
  6月 「ストックオプション制度」を導入。
  6月 ホームページに「納入品図閲覧サービス」を公開。
  8月 コンプライアンス経営を推進。
  9月 KITZ (Thailand) Ltd.(タイ)に新型黄銅製ボールバルブの製造ラインを増強。
  10月

ホームページ「納入品図閲覧サービス」を「KITZVIEWバルブ検索サイト」に改訂。

» KITZVIEW バルブ検索サイトホームページ

  10月

ホームページに「貨物情報サービス」を公開。

» 貨物情報サービスホームページ

  11月 台湾北澤股份有限公司(台湾)がISO14001の認証を取得。
  11月 バルブ業界の世界的展示会「Valve World 2000」に共同スポンサーとして参加。
2001年 2月 茅野工場で「ISO14001」認証取得。
  3月 半導体製造プロセス用PFA製チューブ溶着継手「TBシリーズ」を発売。半導体分野へ本格的に参入。
  3月 諏訪工場で「ISO14001」認証取得。
  4月 創立50周年を迎え、「新キッツ宣言」「行動指針」及びキッツグループ長期経営計画「Target 2010」を策定。
  5月 株式会社紀長伸銅所と業務提携。
  6月 小林公雄常務執行役員が代表取締役社長に就任。
  6月 日本のバルブ業界で始めて「CEマーキング」の認証を取得。
  11月

旧ベンカングループから半導体製造設備関連事業を譲り受け、新会社株式会社キッツエスシーティーをスタート。

» キッツエスシーティーホームページ

2002年 1月 保有資産の減損処理及び不振事業再構築を柱にした新たな経営施策を発表。
  1月 中国・昆山市にバルブの生産拠点として北澤精密機械(昆山)有限公司を設立。
  2月 鉛を除去する浄水器「オアシックスEV」を発売。
  3月 器具設置型排水用通気弁「通気番ぷち」を発売。
  6月 塩ビ管継手付バルブ「キッツエンジョイントバルブ」を発売。
  6月 高レンジアビリティバタフライバルブ「スロットロール」を発売。
  9月 諏訪工場バルブ製造工場を閉鎖。
  9月 KITZ Corporation of California(米国)を閉鎖。
  9月 アルミ合金製空圧式アクチェータ「Fシリーズ」を発売。
  10月

お客様向け「新・技術研修コース」を設置。

» 研修コースのページ

  10月 鉛を含まない銅合金「Newキーパロイ」を発売。
  11月 スキー場事業から撤退。
  12月 キーパロイ商品のライフサイクルアセスメントを学会で発表。
2003年 2月 「三元系フッ素ゴム」を採用した給湯用バタフライバルブを発売。
  2月

中国・上海に販売拠点として上海開滋国際貿易有限公司を設立。

» 上海開滋国際貿易有限公司のホームページ

  8月 四半期決算の開示をスタート。
  9月 中国・昆山市に生産拠点として北澤閥門(昆山)有限公司を設立。
2004年 1月 「集合住宅向けメータユニット」を発売。
  1月 株式会社キッツエスシーティーが中国・昆山市に半導体製造設備用バルブの生産拠点として北澤半導体閥門(昆山)有限公司を設立。
  3月

旧東洋バルヴ株式会社からバルブ事業を譲り受け、新会社東洋バルヴ株式会社としてスタート。

» 東洋バルヴ株式会社のホームページ

  4月

株式会社キッツの伸銅品事業とMF事業を分社し、株式会社キッツメタルワークスと株式会社キッツマイクロフィルターとしてスタート。

» 株式会社キッツメタルワークスのホームページ

» 株式会社キッツマイクロフィルターのホームページ

  4月 バルブ用 新型アクチェータ(電動式・空圧式)を発売。
  6月 確定拠出型年金制度を導入。
  7月 ストックオプション制度の適用者を従業員まで拡大。
2005年 1月 キッツグループ中期経営計画「Challenge 2007」を策定。
  3月 株式会社長谷工コーポレーションとの共同開発で、環境にやさしいマンション用の「メータユニット」を発売。
  5月 旧京都ブラス株式会社から伸銅品事業を譲り受け、新会社京都ブラス株式会社としてスタート。
  12月 オールステンレス製給水装置4商品を発売。
2006年 2月 株式会社紀長伸銅所の資産譲り受けについて合意。
  4月 「小型電動比例制御ニードルバルブ」を発売。
  5月 「小型自動ステンレス鋼製ねじ込み形三方ボールバルブ」を発売。
  5月 ホームページ一部リニューアル。
  6月 「システム機器向け電動比例制御アクチェータ付ボールバルブ」を発売。
  8月

ホテル紅やが新施設「稀石の癒(きせきのゆ)」をオープン。

» 稀石の癒ホームページ

  9月

「キッツグループ環境報告書」完成。

» キッツグループ環境報告ダイジェスト

  10月 モスクワで開催の展示会「PCVEXPO」に日本企業として初めて出展。
  10月 次世代型ワンタッチ継手「キッツDSロック」を発売。
  11月 環境負荷低減ニーズに対応した「RoHS指令適合商品」を発売。
2007年 4月 KITZ Corporation of Mexico, S.A. DE C.V.(メキシコ)を閉鎖。
  5月 キッツグループ中期経営計画「新Target2010」を策定
  5月 中国・連雲港市に生産拠点として連雲港北澤精密閥門有限公司を設立。
  6月 「サンフレックス配管システム エコパイプ」を発売。
2008年 6月 堀田康之取締役専務執行役員が代表取締役社長に就任。
  11月 清水雄輔最高顧問が藍綬褒章を受章。
2009年 6月 新型メータユニットWUシリーズを発表。
  7月 株式会社キッツメタルワークスと京都ブラス株式会社が合併。
  12月

ドイツのボールバルブメーカーPerrin GmbHがキッツグループに入る。

» Perrin GmbHホームページ

© KITZ Corporation