2004年3月 旧東洋バルヴ株式会社からバルブ事業を譲り受け、新会社東洋バルヴ株式会社としてスタート。

旧東洋バルヴ株式会社のバルブ事業をキッツグループが譲り受け、新たに東洋バルヴ株式会社としてスタートした。

キッツと旧東洋バルヴとの事業の統合により、バルブ事業の強化を図るとともに、新生キッツグループとして企業価値のさらなる向上を目指す。