2019年5月 配当方針を変更。

第4期中期経営計画の策定にあたり、配当方針を変更。これまで、親会社株主に帰属する当期純利益の25%前後を望ましい水準としていたが、2020年3月期からは10%引き上げて35%前後とし、配当による株主還元の一層の充実を図ることとした。