ホーム > IR情報 > 個人投資家の皆様へ > バルブの役割とキッツの強み

IR情報

バルブの役割とキッツの強み

バルブの役割と用途

バルブ写真

バルブは、配管内の流体(水・空気・石油・ガスなど)を流したり、止めたり、流量をコントロールする機能を持つ「流体制御機器」の総称です。

バルブの起源は、紀元前1000年頃の古代エジプト遺跡から発掘された、木製のコックまでさかのぼることができます。1800年代半ばに紡績用ボイラーが輸入された頃、日本で金属製のバルブが初めて使われました。明治になり、水道事業や都市ガス事業がスタートしたことに伴い、日本でバルブの製造が始まりました。

今日では、上下水道、給湯、ガス、空調など、私達の身近な生活フィールドから、石油、化学、医薬品、食品など、あらゆる産業分野の生産プロセスに至る様々なパイプに接続され、重要な役割を担っています。私達は日常生活の中でその存在を意識することはあまりありませんが、バルブは人々の暮らしを陰からしっかりと支えています。

キッツブランドの特徴と強み

1. 高品質の「KITZ」ブランドを確立

キッツは、原材料を調達後、鋳造から加工、組立、検査、梱包、出荷に至る全ての工程を社内で行う一貫生産体制を基本にモノづくりを行っています。また、品質マネジメントシステムの重要性にいち早く注目、日本企業で最初にISO9001の認証を取得しました。「KITZ」ブランドは、これらの品質体制に裏付けされた信頼のブランドとしての地位を確立してきました。

2. バルブの総合メーカーとして幅広い分野に商品を提供

キッツグループは、私達の生活フィールドから産業分野まで、国内外に幅広くさ様々な種類の商品を提供しています。その種類は9万点以上になります。

3. 高い国内市場占有率

住宅・ビル設備等の建築設備分野に使用される青銅・黄銅製バルブと、機械装置やプラントのプロセスラインなどに使用されるステンレス鋼製バルブは、国内で高いシェアを持つ主力商品です。また、日本全国をカバーする強力な代理店網により、お客様の声に即応できる販売体制を構築しています。

4. 最適地生産体制を構築

国内工場は高付加価値商品の生産を行うとともに、グローバル生産拠点のマザー工場としての重要な役割を担っています。また海外では、タイ、台湾、中国、韓国、インド、スペイン、ドイツ、ブラジルに生産拠点を設け、現地のマーケットニーズに的確かつ迅速に対応するための生産体制を構築しています。

© KITZ Corporation