ホーム > 採用情報 > グローバルネットワーク

Connecting with the world
グローバルネットワーク

重要エリアを中心に供給体制を強化

長期経営計画「KITZ Global Vision 2020」の達成に向けて、キッツは重点エリアを日本+3極(欧州・米州・アセアン)、2拠点(中国・インド)と定め、エリア毎に販売・マーケティング・エンジニアリング・ストック・メンテナンス・サービスなどの供給体制を整備・強化し、地域に密着した事業を展開しています。

本社 販売拠点 生産拠点 販売・生産 駐在員事務所

“Micro Pneumatics Private Limited”
について

2015年2月、インドのバルブメーカー「Micro Pneumatics Private Limited」(以下、MP社)が正式にキッツグループの一員になりました。
MP社は、工業用バルブ等の中でも、キッツグループでは扱いが少なかった薬品・食品系のプロセスラインで使用されるバルブを得意としています。
MP社がキッツグループに加わる事で、世界第2位の人口を持つインドという重点エリアで、長年MP社が培ってきた販売網を活用して、キッツブランド製品を販売していくことが可能になります。将来的には、インド国内のみならず、重点エリアの一つであるアセアン地域の国々にも横展開していきます。

”KITZ Valve & Actuation (Thailand) Co., Ltd.”
について

2015年4月には、タイ・バンコクに新しいグループ会社「KITZ Valve & Actuation (Thailand) Co., Ltd. 」(以下、KVT社)を設立いたしました。
今回のタイへのKVT社による販売拠点設立により、タイ国内製造品のさらなる拡販、輸入品の本格的な販売活動が実現し、アセアン向けで販売シェアの高いタイにおけるビジネスの、一層の拡大が期待されます。さらに、インドシナビジネスの拡大、特に、今後大きな発展が期待できるミャンマーの開拓や、将来的にはカンボジア、ラオスにおける新規商流の構築も視野に入れています。

“Metalúrgica Golden Art's Ltda.”
について

2015年11月、ブラジルのボールバルブメーカー「Metalúrgica Golden Art's Ltda.」(以下、MGA社)がキッツグループの一員となりました。
MGA社は1991年に設立された、南米のGDP及び人口の約50%を占めるブラジルにある工業用ボールバルブ専業メーカーです。
キッツとMGA社の生産技術とを融合させることにより、ブラジル市場及び南米市場に適応した製品開発、生産を加速させることが可能となります。また、キッツの製品ラインナップの現地への投入または現地生産により、幅広いラインナップで現地のニーズに応えてまいります。

© KITZ Corporation