地球環境との共存を目指して

物流のグリーン化

協同配送及び物流の効率化により、物流におけるCO2の削減及び包装材の削減に取り組んでいます。

物流のグリーン化の考え方

 国内と海外に生産拠点を持つキッツグループは、物流での環境負荷の低減を重要課題とし、物流の効率化による輸送距離短縮、フォークリフトなどの荷役機器の変更によるCO2の削減及び廃棄物の低減に取り組んでいます。今までの各社個別の配送体制からグループでの協同配送を推進するとともにサプライヤーと協同して、物流の効率化に取り組んでいます。

物流のグリーン化の現状

 キッツグループでは、動脈・静脈物流のパイプを一元化した循環型ロジスティックスを目指し、協同配送及び統合配送の実施により物流におけるCO2の削減に、積極的に取り組みを進めています。
 グループ会社との協同配送専用便と輸送会社のネットワーク、販売時の便を利用し、戻り便において購入した調達部品・材料配送も行っています。さらに工場周辺には生産物流の専用便を協同運行し、輸送効率の高い配送調達ネットワークを組んでいます。これにより、幹線輸送距離の重複低減と積載率20%アップを図っています。

物流ネットワーク

物流のグリーン化の具体的な取り組み

 キッツグループでは、製品・部品の輸送について、荷崩れ防止用にストレッチフィルムを使用していましたが、代理店様でこれが廃棄物問題となっていました。そこで繰り返し使用できるネットとの併用を行っています。荷崩れなどの検証を行いながら、ストレッチフィルム使用量の低減を図っていきます。
 また、国内代理店様との打ち合わせにより、一部製品の輸送を通い箱で開始するように取り組んでいます。
 環境負荷低減のため、今後もさらにCO2削減と梱包副資材の低減を進めていきます。今後、最終配達車両にはハイブリッドトラックの導入を積極的に働きかけていきます。国内及び海外からの資材調達については通い容器の拡大で、廃棄物の低減をさらに進めていきます。

キッツグループの物流におけるCO2排出量の推移 月平均板パレット回収枚数の推移