生産品質管理

高品質を実現する生産体制

キッツグループのモノづくりは、お客様が必要とする商品を「必要な時に」、「必要な量だけ」、「より良い品質で」お届けすることを基本としています。

研究開発体制

素材からの品質管理を実現した一貫生産体制

素材からの品質管理

キッツグループは一貫生産を基本に考え、バルブの素材である鋳物(素形材)をコア技術と位置付け、鋳物から社内で生産しています。バルブの主要材料である青銅、鋳鉄、ダクタイル、ステンレス鋼、鋳鋼、それぞれの鋳造設備をグループ内で持つ一貫生産体制によって、素材からの品質保証体制の確立と多品種少量生産を実現しています。

素材からの品質管理

「KICS」に基づく生産方式

「KICS」に基づく生産方式

マーケットインの発想によるモノづくりを支えているのが、「KICS(KITZ Innovative and Challenging System)」に基づく生産方式です。KICSは、売れるタイミングに合わせて工程順に1個ずつ製品をつくることで、後工程には良品しか流さない仕組みを確立しているのと同時に、受注から生産、納品までの一連の工程における停滞や無駄の排除を実現しています。また、さらなる納期短縮を目指し、標準作業の徹底と工程改善による製造ラインの強化に継続して取り組んでいます。

「KICS」に基づく生産方式

付加価値を生み出す製造現場に

付加価値を生み出す製造現場に

キッツは、お客様にご満足いただける品質、価格、納期、サービスの実現を目指し、新しい生産技術や製造プロセスへの積極的な投資を進めています。以前から実施している製造現場へのロボットの導入に加えて、ICT技術を活用した設備管理や画像処理、センサー技術を応用した検査も取り入れています。コア技術においては、新しい鋳造方法の採用や新材料の研究により、さらなる強化を図っています。これらの取り組みにより、製造現場を、より付加価値を生み出すプロセスへと進化させています。

付加価値を生み出す製造現場に

品質マネジメントシステムに裏付けられた
キッツブランド

品質マネジメントシステムに裏付けられた
キッツブランド

キッツは、品質マネジメントシステムの重要性にいち早く着目、1989年11月、日本企業で最初にISO9001の認証を取得しました。現在では、キッツグループにおける国内外全ての生産拠点においてISO9001の認証を取得し、国内においては、本社、長坂工場、伊那工場及び茅野工場で認証を継続しています。2019年2月には、グループ会社である株式会社キッツエンジニアリングサービスが、キッツグループでは初となる「バルブのメンテナンスサービス」の登録範囲において認証を取得しました。その他、2001年7月に日本のバルブメーカーとして最初にPressure Equipment Directive(PED)の認証を取得、その後、台湾、タイ、中国、スペイン、ドイツの生産拠点でも認証を取得しています。

こうした国際的な品質規格に加え、国内では、高圧ガス保安法に基づく大臣認定試験者、JIS(日本工業規格)製品認証やJWWA(日本水道協会)が定める規格、また、国内及び中国の生産拠点において、API(アメリカ石油協会)のMonogram表示許可などを取得しています。

品質マネジメントシステムに裏付けられた
キッツブランド

世界最適地生産を目指したグローバルな
生産ネットワーク

世界最適地生産を目指したグローバルな
生産ネットワーク

キッツグループは、現在、グローバルな生産ネットワークの構築を進めています。
国内工場は高付加価値製品の生産を行うとともに、グローバル生産拠点のマザー工場としての重要な役割を担っています。また海外では、タイ、台湾、中国、韓国、インド、スペイン、ドイツ、ブラジルに生産拠点を設け、現地のマーケットニーズに的確かつ迅速に対応するための生産体制を構築しています。

世界最適地生産を目指したグローバルな
生産ネットワーク

長坂工場に新しい高周波誘導炉を導入

2020年8月、長坂工場に溶解重量500kgの高周波誘導炉を導入しました。従来、特殊材料鋳物の製造は、溶解重量1tの高周波炉で行っていますが、新たに500kgの設備を導入することにより、少量の特殊材料鋳物にも対応できるようになるとともに、リードタイム短縮の効果による短納期を実現することができます。また、炉体の小型化によるランニングコストの低減や直行率の向上も期待できます。

特殊材料鋳物の製造

ステンレス鋼製バルブの生産工程

ステンレス鋼製バルブの生産工程
  • 溶解
    (1)溶解

    原材料を高周波電気炉で溶かす。

  • 受湯
    (2)受湯

    溶湯を取鍋に入れる。

  • 注湯
    (3)注湯

    鋳型に溶湯を流し込む。上と下の型と中子のすき間に溶湯が流れ込む。

  • 熱処理(固溶化熱処理)
    (4)熱処理(固溶化熱処理)

    素材を1,100°Cまで加熱した後、急冷(水冷)。これにより、均一な金属組織が得られ、引っ張り、伸びなどの機械的性質(強度)を高めるとともに、耐食性を確保できる。

  • 酸洗
    (5)酸洗

    熱処理やショットブラストによる鋳肌表面の酸化スケールなどの汚れを取り除く。併せて、鋳肌表面に保護皮膜を生成させ、耐食性をさらに高める。

  • 機械加工
    (6)機械加工

    切削や穴開けなどの加工を行う。

  • 組立
    (7)組立

    バルブの各部品を組み立てる。

  • 圧力検査
    (8)圧力検査

    流体を流して圧力を加え、要求品質を満たしているかを検査する。

製品・お取引のお問い合わせ

製品技術、製品購入、カタログ、品質に関する
お問い合わせはこちらから

会社情報のお問い合わせ

会社情報、投資・総会・IR情報、プライバシーポリシー、
その他のお問い合わせはこちらから

RECRUIT採用情報

一緒に働ける仲間を
募集しています。