1984年12月 米・ヒューストンに販売拠点としてKITZ Corporation of Americaを設立。

米国における販売子会社KITZ Corporation of Americaは、テキサス州ヒューストンに設立された。工業用バルブを中心とした米国への販売拠点としてヒューストンを選んだのは、エンドユーザーが集まり、全米65%以上の工業用バルブの買付けが行われるため、大手販売代理店、主要設備工事会社のほとんどが本社を置くか、メインの購買部門を設けているからである。また、テキサス州が法人所得税を免除して、誘致を推進していた他、バルブ関係の労働力が豊富なことも理由となった。