地球環境との共存を目指して

環境開発方針や環境負荷低減ガイドラインを採用し、中長期的な視点に基づいた環境負荷の少ない製品開発に取り組んでいます。

環境配慮バルブ登録製品はこちら

環境開発方針と環境負荷低減ガイドライン

環境開発方針
 技術開発は環境配慮の徹底、LCA的視点からの環境負荷削減を図った設計コンセプトの製品、ユニット、装置とする。
環境負荷低減評価基準のガイドライン
1. 再生資源に関する法律、条例への適合とリサイクル設計の採用
2. 使用材料の統一(同一)化による分別・分解作業工数の低減
3. 再生資源・部品の使用及び小型化による省資源化・省エネルギー化
4. 梱包材に対する省資源、リサイクル、減量及び化学物質の含有量削減
5. 再生資源・部品の分解・分別の容易性
6. 有害化学物質の含有量・溶出量の削減
7. 使用中の騒音、振動、悪臭、漏れの発生防止
8. 廃棄時の化学物質、大気汚染、水質汚濁、土壌汚染の低減

 キッツグループでは、「地球環境との共存」を目指すグローバル企業として、2000年より地球環境保全を積極的に果たすという「環境方針」をベースに、グループのシナジー効果を高めながら、環境イノベーションを目指した環境配慮製品づくりに力を注いでいます。
 環境配慮製品に関しては、技術開発の段階から評価を行うために「環境負荷低減評価基準のガイドライン」を設け、必要な品質・機能・経済的合理性に加えて、環境負荷低減に関わる技術開発活動(材料開発・工法開発、設計開発)の評価をスコア方式で行っています。また、法規制の遵守とRoHS指令の規制物質適合を必須としています。

キッツグループ技術会議

 技術開発を継続的に進めていくため、キッツではバルブ関連のグループ会社の技術部門長が集まり、年1回技術会議(技術交流)を実施しています。技術会議では、企業価値の向上のため、中期経営計画に基づいた重要テーマについて他社と異なる競争力と価値について報告し、先端技術を駆使した材料・工法・駆動方法の研究開発や製品開発の発表を行い、相互の技術情報の共有を図っています。特にグループ会社の技術陣のコラボレーションにより、戦略的な開発を推進することで知的財産を取得し、競合メーカーに対する技術優位性を高めることが大切であることを確認しました。
 また、限りある地球資源に考慮し、環境に配慮した省エネ、省資源、リサイクル、安全等の創造的イノベーションを含めた環境開発の方向性についても、持続的に提案、推進しています。

グループ会社技術コラボレーション概念

グループ会社技術コラボレーション概念

赤い部分が新規参入障壁。グループ各社が新市場でコラボレーションすることで競合メーカーに対する技術優位性を高めることができる。

一般社団法人日本バルブ工業会 環境配慮バルブ登録製品

 「日本バルブ工業会 環境配慮バルブ登録制度」への登録製品をご紹介します。
 あらゆる産業で使用されるバルブ製品は直接関連する環境規制のみならず、サプライチェーンを通じた規制に対応する必要があります。「環境配慮バルブ登録制度」は、工業会の『バルブ製品アセスメントガイドライン』に従って、製品の環境側面が従来製品もしくは新規設計目標値に比べどれだけ改善しているかを評価することで、環境配慮設計に取り組んだ製品であることを自己宣言して、ラベルを付けることができる制度です。
 キッツでは、環境負荷リスクの少ない製品の開発を重点課題として取り組み、積極的に「環境配慮バルブ登録」を推進しています。
 環境配慮バルブ登録による改善した評価項目、製品評価の備考など同制度における登録情報は、一覧表の各製品のPDFの文字をクリックするとダウンロードできます。

製品名
型番
登録情報
RDH124-UTxx、RDH124-Txx

知的財産の創造

 キッツでは、企業価値の最大化を念頭に先端研究開発を通じて、市場トレンドの変化、お客様ニーズを迅速に捉え、特許出願を行ってきました。特に環境負荷低減においては、「Pb、Ni、Cd」の浸出低減について、長年培った研究成果によって、特許を取得し、その普及に努めています。

キッツグループ環境配慮製品の事例

小型直流電動比例制御弁(RDH)
コンパクト、ハイパワー車載可能な小型直流電動比例制御弁
 従来型では開閉時間、出力トルク、オプション対応のため3機種を有していたが、制御により1機種に集約しました。モジュール設計により構造をシンプル化し、部品点数を少なくすることで、分解、組立が容易となり、小型化も実現しています。RoHS、REACHに対する化学物質管理のみならず、EMC(電磁両立性)評価もクリアしています。 写真
株式会社キッツ
淡水化事業向け高耐食性合金バルブ
優れた耐食性で海水淡水化プラントのランニングコストを低減
 二相合金(Super Duplex材料:SDPV)を使用した、高耐食性合金バルブ。従来品に多く用いられていたアルミブロンズ製に比べ、耐食性に優れ、プラントのランニングコスト低減に貢献します。低コストの高耐食性合金バルブとして、福岡やシドニーをはじめとする国内外の淡水化プラントに提供しています。

株式会社キッツ
写真
水道配管用バルブ
カリフォルニア州などの新規制に対応した黄銅鍛造の新バルブ
 水道配管材料を対象に2010年1月に施行される米国カリフォルニア州などの鉛含有規制に対応して開発された黄銅鍛造のボールバルブ。新素材の鉛レス黄銅棒を原料に、0.25重量%以下という鉛含有量規制をクリア。2009年6月、NSF/ANSI61 Section8 Annex Gの認証を取得。世界市場でのシェアアップを目指しています。

株式会社キッツ
写真
家庭用浄水器オアシックス
工業用の膜技術を活かし浄水器市場のニッチトップを目指す
 活性炭(粒状・繊維など)、中空糸膜やゼオライトをろ材に使用。一般家庭用としてOEM製品を含め14種類、業務用として3種類を展開。ウレタン廃棄物の削減や、接着材の不使用など、製造・販売過程での環境負荷の低減や再利用計画にも取り組み、環境に配慮した製品づくりを進めています。

株式会社キッツマイクロフィルター
写真
アクアMF
山間部の水利用に貢献する精密膜ろ過浄水装置
 目詰まりが起こりにくく、長期間安定したろ過性能を発揮する外圧クロスフローろ過方式を採用。耐塩素性を有するクリプトスポリジウムなどの原虫を除去します。コンパクト設計で、処理水量のレベルに応じた機種選択が可能。無人・自動運転にも対応し、山間部の水質改善に最適な効果を発揮します。

株式会社清水合金製作所
写真