地球環境との共存を目指して

環境会計

環境会計システムを活用し、環境保全の「費用」と「効果」を把握・評価することによって、環境保全の取り組みの推進を行っています。

環境会計の考え方

 キッツグループでは、持続可能な発展を目指して、社会との良好な関係を保ちつつ、環境保全への取り組みを効率的かつ効果的に推進することを目的とし、環境会計を導入しています。
 キッツグループでは、2005年に「キッツグループ環境会計システムマニュアル」を制定し、考え方を統一するとともに、環境会計情報を比較可能なものとしました。
 キッツグループ全体の集計を容易かつ精度を確保できるようにするために、キッツグループ環境・安全衛生情報システムに「環境会計システム」を構築し、グループで運用しています。

環境保全コスト


環境保全コスト
分類
主な取り組みの内容
設備投資額
(千円)
費用額
(千円)
事業エリア内コスト
410,582
620,171
内訳 公害防止コスト 公害防止施設・設備の導入・維持管理
155,298
203,969
地球環境保全コスト 省エネ型設備・機器の導入
249,724
225,006
資源循環コスト 廃棄物減量化・リサイクル、
外部委託処理費
5,560
191,196
グリーン購入製品
リサイクルコスト
使用済み製品の回収・リサイクル費用
0
10,367
管理活動コスト ISO・環境測定・環境情報の開示
4,300
80,911
研究開発コスト 鉛フリーなど環境配慮製品の開発
0
68,341
社会活動コスト 緑化活動の推進
0
561
環境損傷コスト 地下水の浄化対策
0
1,200
その他のコスト
0
0
合計
414,882
781,551
項目
内容等
金額
(千円)
当該期間の設備投資額の総額
環境保全に係る投資額の割合:6.7%
6,216,705
当該期間の研究開発費の総額 環境保全に係る開発費の割合:2.5%
2,775,499

※ 集計範囲はキッツ(本社、長坂工場、伊那工場、茅野工場)、キッツメタルワークス、キッツマイクロフィルター、キッツエスシーティー、清水合金製作所、キッツエンジニアリングサービス、ホテル紅や

環境保全効果


環境保全効果
環境保全効果の分類
環境パフォーマンス指標
(単位)
当期
(2017年度)
当期
(2018年度)
前期との差
(環境保全効果)
事業活動に投入する資源に関する環境保全効果 総エネルギー投入量(GJ) 537,223 537,199 △24
PRTR対象物質の投入量(t) 5,843 6,195 352
上水投入量(m3 242,577 253,822 11,246
地下水投入量(m3 241,016 201,899 △39,117
事業活動から排出する環境負荷及び廃棄物に関する環境保全効果 温室効果ガス排出量(t-CO2 57,997 56,931 △1,066
特定の化学物質排出量・
移動量(t)
277 256 △20
一般廃棄物及び
産業廃棄物総排出量(t)
7,416 7,685 269

※ 集計範囲はキッツ(本社、長坂工場、伊那工場、茅野工場)、キッツメタルワークス、キッツマイクロフィルター、キッツエスシーティー、清水合金製作所、キッツエンジニアリングサービス、ホテル紅や

環境保全対策に伴う経済効果


環境保全対策に伴う経済効果(実質的効果)
効果の内容
金額
(千円)
収益 主たる事業活動で生じた廃棄物のリサイクルまたは使用済み製品等のリサイクルによる事業収入 442,741
費用節減 省エネルギーによるエネルギー費の節減 △129,238
リサイクルに伴う費用節減 201,529
廃棄物減量に伴う費用節減 5,532
合計
520,564

※ 集計範囲はキッツ(本社、長坂工場、伊那工場、茅野工場)、キッツメタルワークス、キッツマイクロフィルター、キッツエスシーティー、清水合金製作所、キッツエンジニアリングサービス、ホテル紅や

環境会計において基本となる重要な事項