地球環境との共存を目指して

中期経営計画において「グループ環境経営の推進」を掲げ、環境保全活動を推進しています。

環境中期計画と2017年度の実績の評価

 キッツ及びグループ会社では、中期経営計画において「グループの環境経営の推進」を掲げ、下記の表の3項目を重点テーマに環境保全活動に取り組んでいます。

重点テーマ
実施項目
2018年度実績
環境経営の確立 1.環境マネジメント体制の強化
グループ環境管理体制の構築 ①国内7拠点、海外8拠点の2015年版ISO14001のグループ認証取得完了
②グループ環境・安全衛生相互監査の実施
環境負荷の低減 2.地球温暖化防止
地球温暖化ガスCO2排出量原単位(t-CO2/億円)の低減 売上高原単位
 目標:47.63t-CO2/億円
 実績:43.78t-CO2/億円
環境関連法規制対応 3.環境リスクの見える化と対応
法規制への対応 ①改正土壌汚染対策法の対応実施
②海外拠点の見える化(リスク評価、実績管理)の実施
③各国の環境法規制の情報収集体制整備

(※) キッツ及び国内グループ会社 (営業所は除く)