ダクタイル鋳鉄

ダクタイルバルブ低温・高圧

  • 汎用用途
  • 工業用途

ダクタイルバルブは金属組織中の黒鉛と呼ばれる遊離した炭素を球状化したダクタイル鉄を(FCD-S)を主材料としたバルブです。ダクタイル鉄は普通鋳鉄に比べて強い機械的性質をもっています。 キッツのダクタイルバルブはダクタイル鋳造鋳鉄品(FCD-S)を採用し、マレアブル鋳鉄とは組織中の黒鉛球状化の方法が異なります。ダクタイル鋳鉄はマレアブル鋳鉄に比べて機械的性質がバルブに適しています。 ダクタイル製バルブは蒸気、ガス、油、水といった産業用分野で幅広くご利用いただいております。

使用シーン

  • ・建築設備の空調・衛生、工場の生産設備や工作機械、装置など
    可燃性ガスや毒ガスラインなど(高圧ガス認定品)

主な適用流体

  • ・蒸気、燃料油、可燃性ガス

技術のポイント

  • ・ダクタイルバルブは鋳鋼・ステンレスバルブに比べて経済性に富んでいます。
  • ・使用圧力・温度範囲も広く、建築設備などの汎用用途だけでなく、高圧ガス設備や圧力容器、危険物貯蔵タンク用バルブとして使用できます。

バルブとしての用途

  • ・蒸気用、ガス用、オイル用
  • ・鋳鋼より安く、鋳鉄より強度の高いバルブ

豆知識

  • ・ねずみ鋳鉄よりももう少し強度の高い鋳鉄

もっとバルブについて
詳しく知りたい方は?

これから「バルブのことに関してもう少し知りたい」、「バルブに関する知識をきちんと勉強したい」、「バルブの製造工場を見学したい」、「バルブの分解・組立実習を体験したい」などのご希望がありましたら、キッツ研修センターで開講しているキッツ技術研修コース『バルブの基礎講座』をご利用ください。

製品・お取引のお問い合わせ

製品技術、製品購入、カタログ、品質に関する
お問い合わせはこちらから

会社情報のお問い合わせ

会社情報、投資・総会・IR情報、プライバシーポリシー、
その他のお問い合わせはこちらから

RECRUIT採用情報

一緒に働ける仲間を
募集しています。